イメージ画像

愛しの愛犬。
しっかりとしたしつけで幸せにするために。

犬のしつけについて

犬のしつけに関してはよく子供のしつけと比較されることがあります。
残念ながら人間と一緒で、どんなにしっかり犬をしつけても完全に自分の思い通りの行動というものは望むことができません。
犬のちょっとしたいたずらや、噛み癖や無駄吠えにどうしてもイライラしてしまう人も多いでしょう。
これらの犬の行動には私もかなり悩まされたので、その気持ちはよく分かります。

色々な書籍やネットで犬のしつけについて調べに調べて分かったことは、やはりこれらの犬のしつけに関しては、テクニックというよりも何よりもやはり忍耐力が一番大事ということです。
いくら愛する飼い犬でも、多少でもお行儀が良くなければ愛することができなくなってしまうかもしれません。
そうなっては正に飼い犬にとってもあなたにとっても、悲劇以外のなにものでもありませんので、まずは自分の可愛い犬をしつけるための忍耐力をしっかり身に着けてもらいたいと思っています。
あなただけでなく、しつけをされる犬の方も大変な忍耐力が必要となってくるんです。

犬は他の動物と比べても、人間の愛情を欲する非常に稀な動物でもあります。
自分がしっかり犬に対して愛情を持てるように、そして何よりもあなたの愛犬がしっかりとあなたの愛情を受け取れるように、犬のしつけに関してちょっと勉強をしてみませんか?

犬とコミュニケーションををしっかりとる

写真

犬には残念ながら人間の言葉は通じません。
言葉が通じればどんなに素晴らしいだろう、と恐らく数多くのオーナーの方が思ったことがあると思いますが、それはどうしても叶わない夢です。
しかし言葉が通じないとはいえ、犬とのコミュニケーションというのは実は私たちが思っている以上にとることが可能なんです。
言葉が分からないなりにも沢山かけてあげることで、犬は「自分は愛されている」と実感しているようですし、やはり私の家族の中でも一番なつかれているのは、食事をよくあげている人ではなく、一番犬によく話しかけている人です。
褒めることはもちろん、悪いことをしたときはしっかりしかりつける。
例え言葉が通じなくても、こういった気持ちは意外と話しかけることでしっかり理解してくれるものです。
こういったとき以外にも、できるだけ多く犬には話しかけてあげるようにしてみてくださいね。

あなたが犬のボス!

犬をしっかりとしつけるには、まずあなたが犬の信頼を得ることのできるしっかりとしたボスでなければなりません。
昨日は同じいたずらをしても怒られなかったのに、今日は怒られた。
怒るとすぐに叩く。
あなたに喜ばれるように頑張っているのに、全然褒めてくれない。
これでは、犬の方もあなたを信用してくれることはありません。

犬としっかりした信頼関係を築くためには、あなたの毅然とした態度とちょっとオーバーくらいの褒め方が絶対不可欠です。
「うちの犬は中々言うことを聞いてくれない・・」と嘆く前に、しっかりと自分の襟を正しましょう。
そして、遊ぶときには犬と同様あなたもしっかりと楽しむようにしてあげてくださいね。

このページの先頭へ