すぐに噛む犬のしつけ

犬の困った習慣で噛み癖というものがあります。
この噛むという癖は子犬によく見られる行為なのですが、子犬のうちだったり、物などを噛むだけだったらまだ良いですが、成犬になり自分達や人様にまで噛み付くようだとそれは大問題になりかねません。
そのため、やはりこの噛み癖は早い段階でしっかりしつけておいた方が良いと言えるでしょう。

子犬は親犬や兄弟たちと一緒に生活をしていると、自然に噛むことはいけないことだと学んでいきます。
これは彼らを噛むことで嫌がる姿などを見て学んでいくものなのですが、もしあなたが飼っている犬が一匹ならばあなたが彼らの代わりに「噛むことは悪いこと」だと教えてあげなければなりません。

しかし、人を噛むことはもちろんだめですが、物によっては噛むことを許すおもちゃなどはしっかり与えるようにしてあげてくださいね。
やはり噛むという行為は犬にとっては自然なことなので、その全てを取り上げてしまうのはやはり心苦しいものですから。

人を噛むことは悪いこと!

子犬はじゃれて興奮しているときによく噛んできます。
ときによっては噛まれてもあまり痛くもないので、あんまりしかりたくないという親心から見逃してしまうということもあるかもしれません。

しかし、これはご法度です

あるときは噛んでしかられ、あるときは噛んでもしかられない。
これではしつけをされる子犬が「一体何がいけないのか?」と混乱してしまいます。

例えあまり痛くなくても大きな声で「痛い!」と叫ぶ。
それと同時に犬の左足を触ったり(犬は後ろ足を触られると驚きます。)犬の後ろの床を大きな音を出すように叩くなどして、徹底して「噛むことは悪いことだ」ということ、「人を噛むとこんな嫌なことがあるよ」ということを教えてあげてください。
こうした毅然とした態度が犬のしつけには必要不可欠です。

子犬の場合はこうしたしつけをしても中々すぐには覚えてくれないかもしれません。
しかし、こうしたしつけをしっかりと行うことで、もしまた噛んできたとしても、「痛い!」という言葉ですごい申し訳なさそうな顔をしたりします。
こうなってきたら、もう可愛くてしょうがないですよね。

しかりつけるということは自分の犬に愛情を持っていれば持っているほど難しいことかもしれません。
しかし、甘やかすだけでなく、しかりつけることもちゃんとした愛情だということをしっかり覚えておいてくださいね。



このページの先頭へ