ハウスの教え方

犬のしつけ

犬のしつけの中でも私の中で優先順位の高いものだったのが、このハウスです。
ハウスとは犬小屋などに犬をしっかりと入れて、そこでおとなしくさせるためのしつけなのですが、当然広い場所を好む犬などは決しておとなしくは言う事を聞いてくれません。

何せ家のソファーで一番幅を利かせているような犬ですからね。。

しかし動物病院に連れて行くときや、その他外出するときなどにはケージに入れておく必要があるときもあるので、何としてもこのハウスは覚えてもらわなければなりません。

そこで私の復習も兼ねて、ここではハウスのしつけ方をご紹介したいと思います。

【ハウスのしつけ方】

  • まずはケージを置き、その中に犬のお気に入りのタオルやおもちゃを入れておきます。
    この際ドアが閉まらないように軽く固定しておくと良いと思います。
  • そして「ハウス」の掛け声と共にケージを指差し、ケージに入るように促します。
    おもちゃやタオルでは効果がない場合は、えさやおやつなどを入れ置くのも可。
  • ケージの中に入ったら思い切り褒めてあげましょう。

基本的にはこれの繰り返しです。

ハウスのしつけはケージに対する恐怖心をなくしてあげたり、ケージに入ると良いことがあると思わせることが大事ですので、これらのしつけを根気良く繰り返すことが大事です。

そして問題なくケージに犬が入ってくれるようになったら、次の段階として扉を閉めます。

この段階で怖がる犬も出てきますので、扉を閉めた後にはできるだけ声を掛けてあげたり、褒めてあげるようにしてあげてください。

最初のうちは扉を閉めるのは短時間、そして段階的に扉を閉める時間を長くしていくことで、徐々にハウスに慣れさせてあげることができます。

ハウスをしっかりと覚えてくれれば、もう遠出するときなども安心することができますね。



このページの先頭へ