犬を車に乗せるためのしつけ

犬のしつけ 車

たまの休日に犬をつれてちょっと遠くまでドライブ。
なんていうのも犬の飼い主のちょっとした楽しみの一つですが、犬によっては中々車に乗ろうとしてくれないなんてこともあるようです。

まず犬を車に慣れさせるためにはできるだけ犬が小さな頃から車に慣れさせるということです。

基本的にこれさえやっていれば犬の方は促すだけで比較的自らすすんで車に乗ってくれるようにはなってくれます。

しかしいくら車に乗せるとは言っても、ドライブの先がいつも病院だったり犬の嫌がるところばかりだった場合は犬が車に乗ること自体を嫌がる可能性が出てきます。

また犬によっては人間と同じように乗り物酔いをする場合もあります。

こうした場合は車に乗っている最中によだれの量が増えたり、明らかに具合が悪そうなどの何かしらのサインを出している場合が多いですので、そういったサインを見た場合にはちょっと運転を休んで車の外に出してあげるなどしてあげてください。

よく休日に車を走らせていると、窓から嬉しそうな顔を出している犬を見てなんとも朗らかな気持ちにさせられたりもしますが、こういったことができるのも犬の飼い主としての特権の一つかもしれませんね。



このページの先頭へ