犬のおしっこのしつけ

犬のトイレのしつけとは別に犬のおしっこに関しては私もどうしたものか…、と悩んだことがあります。
いわゆる「うれしょん」と呼ばれるものですね。

郵便屋さんが配達で家に来たとき。
友人が家に訪ねてきたとき。
そして毎晩私が帰宅するとき。

とにかく人が訪れると、どうしても興奮してしまい、そのたびに犬がおしっこをしてしまっていたんです。

この犬のおしっこは子犬に多く見られる行為なのですが、このしつけは私の経験からすると非常に難しいように思います。

そう言うのも、おしっこをしてしまったときにちょっと叱ったりすると、犬は「かまわれている」と勘違いしてしまい、より興奮してしまいますし、興奮しておしっこをしないときに褒めても、犬はそれがおしっこをしなかったから褒められたとは思ってくれません。。

しつけと言ってもどうやってしつけをしたら良いかというものが全く分からなかったんですね。

犬のおしっこはどうやって止める!?

犬のこういった「うれしょん」は犬が興奮することでしてしまうことなのですが、残念ながら犬が興奮することを止めることはできません。

ですので、犬が興奮しておしっこをしてしまうということも、ある程度セットでどうしようもないものだと考えることも必要なことです。

こういった犬の習慣は犬が大人になるにつれて治っていくものでもありますが、こうやっておしっこをしてしまうのも、一つのあなたに対する愛情表現だと思えば、決して我慢できないものではないのではないでしょうか。

それでもやはり気になってしまうという方は、犬が興奮しておしっこをしてしまってもその場で決して犬に構わないことです。

犬が嬉しくて興奮してもあなたの態度がそっけなければ、徐々にその興奮も少なくなり、結果としておしっこもしなくなっていきます。

私の場合は自分の犬が可愛すぎて、これができなかったのですが、この方法で犬のおしっこを止めた方も多くいらっしゃるそうですので、是非お試しくださいね。



このページの先頭へ