犬のしつけ教室の選び方

犬のしつけでは専門知識が必要なことも多々ありますので、やはり犬を飼っている人は犬のしつけ教室などには積極的に参加するべきだと私は思っています。

もちろんしつけが最初から最後まで自分でしっかりできるようであればそれに越したことはないのでしょうが、相当に長い年月の間犬を飼ったことのある人しか、これは不可能なのではないでしょうか。

しかも、犬にもやはり人間と同様個人差というものがありますので、今までうまくいっていたしつけが新しい犬には通用しないということも多くあります。
そういった点を考えると、常に様々な犬種と付き合っているであろう、犬のしつけ教室の先生たちは非常に心強いあなたの味方となってくれるはずです。

と言いますか、私の場合は本当に頼りっきりになってしまっていますね。。

タイプ別犬のしつけ教室

犬のしつけ教室と一言で言ってもそのタイプはいくつかに分かれます。

まずは数ヶ月間、あなたの犬を完全に教室に預けてしまいしつけを任せてしまうタイプです。
このタイプの教室は確かに飼い主の方は楽をして自分の犬のしつけをしてもらうことができますが、重要な犬との主従関係が教室の先生とできあがってしまい、自分の言うことは聞いてくれない。
肝心の飼い主がどうやって犬を飼いならすかが分からなくなる恐れがある、などのデメリットもあります。
そのため、じっくり自分の犬と付き合っていきたいと考える人にはお勧めはできないタイプの教室かもしれません。
人を噛むなど、緊急でとにかく何かの癖を止めさせたいときなどには非常に有用な教室のタイプとも言えるかもしれません。

犬のしつけより親のしつけ?

この他のタイプの犬の教室は、飼い主と犬が一緒に教室でレッスンを受けるもの。
そして、トレーナーの方が家まで来てくれ、飼い主と一緒にしつけのレッスンをしてくれる出張型のものがあります。

これらのタイプの教室の利点と言えば、やはり飼い主が主導しながら犬のしつけをできるということでしょう。

これは私のトレーナーさんも話していたことなのですが、犬のしつけと言っても本当に大事なのは飼い主の勉強の方だということです。

犬に対して一貫とした態度で根気よくしつけをする。
例え疲れていても、犬を健全に育てるために毎日散歩させる。食事を与える。

これらの作業は意外と大変なことですし、この他にもさらに一つ一つのしつけをするためにもそれなりの知識が必要となってきます。

そのため、やはり犬のしつけをしっかりとしたいのであれば、私たち飼い主の成長も必要不可欠のものとなるでしょう。

そう考えれば、やはり犬のしつけを丸投げにしてしまうようなタイプのものではなく、しっかり飼い主もしつけの方法について学べるタイプの教室を選んだ方が長い目で見ると良いということになるのではないでしょうか。



このページの先頭へ