犬の食事のしつけ

犬の食事のしつけは犬と飼い主の主従関係をしっかりと犬に分からせるための非常に重要なものと言われています。

ここで甘やかしてしまうとどんな場面においても犬が自分勝手にやってしまうということですね。

私もどうしても勘違いしてしまいがちなのですが、甘やかすということと優しくするということは根本的に意味が違ってきます。

自分の犬があまりにも可愛いからといって、犬の望む通りにえさやおやつなどを与えてしまうのは、しつけの観点から見るとそれは優しさでも何でもないんですね。

犬が自分は偉いと勘違いするだけでなく、肥満にもつながり結果としてその犬の寿命に悪影響を及ぼしてしまう可能性までも出てくるようになってしまいます。

ですので、与えるえさの量は一定にし、常に同じ食器を使う。
そしてえさを与える前にしっかりと「お座り」や「まて」の指示をして、誰がその犬の主人なのかをしっかりと教えてあげるようにしましょう。

また人間の食べ物など犬が物欲しそうにする場合も多いと思いますが、犬が食べられないものって実は結構多いんです。

子供などは犬が寄って来ると嬉しくなって自分が持っているチョコレートなどを食べさせてしまうことがあるのですが、実はチョコレートは犬にとって有害なものなんです。

無駄な事故が起こってからでは当然遅いですので、もし不安がある場合などには市販のドッグフードだけをあげるようにしましょう。



このページの先頭へ