犬が食べてはいけないもの

私が何かしらを食べているとその食べ物を見て何とも犬が物欲しそうな顔をしているときがあり、そのときの愛嬌のある顔を見ているとついつい何でもあげてしまいたくなる衝動に駆られるときがあります。

そういった気持ちは愛情や親切な心からくるものだと思い込んでいるのですが、しかし犬の場合には人間とは違う決して食べてはいけないものというものも存在します。

この知識があるとないで犬の健康や生死にも関わってくることにもなりかねませんので、犬の飼い主にとっては必須の知識となることは間違いありません。

またよく友人や家族、親族などが家に遊びに来る場合はそういったことを知らずに食べさせてしまうなんてこともありますので、そういった方たちにもできるのであればこの知識は共有してもらった方が良いでしょう。

【犬が食べてはいけないもの】

  • ねぎ、にんにく、にら、たまねぎなどのネギ類
  • チョコレート、コーヒー、紅茶などのカフェインの入ったもの
  • 生豚肉(人間も食べては駄目です。)
  • カニ、エビなどの甲殻類
  • ハムなどの加工食品
  • 牛乳
  • 生卵
  • 鳥の骨や魚の骨

これらの中でも特に上にある食品などは決してあげないようにしてください。

食べさせようとはしなくても、家を空けている間に勝手に犬が食べてしまったという場合には、できるだけ早めに獣医の方に診てもらうようにしましょう。



このページの先頭へ