犬のしつけ:まて

犬のしつけで「まて」は元気盛りの子犬にとっては相当につらいものだと思います。
もし私が食事をする前、もしくは好きな人と会話などをして楽しむときに、「まて!!」なんて言われたときには、

「何で!?」

と間違いなく思ってしまうでしょう。

犬と人間を一緒にするのもおかしいのかもしれませんが、「犬にとっても嫌なことかもしれない。けど、これはしつけとして必要なことなんだよ。」という愛情をしっかり持って、犬のしつけはしてあげたいものです。

「まて」のしつけ法

写真

まず犬をおすわりさせます。
そして、そのままの体勢のまま犬に「まて!」などの命令をします。
最初のうちはこの「まて」の意味が分からなく、すぐに動き出そうとしますので、そうしたらまたおすわりから始めます。
この「まて!」を命令するときに、犬の顔の前に手のひらをかざすなどをすると犬も分かりやすそうですので、なるべく言葉と同時にこのようなこともしてあげてください。

そして、まてをかけてから徐々に犬から離れていき、ちょっと離れたところで「オッケー!」などのまての解除のサインを出してあげます。
そして、ちゃんとうまくできたときはしっかり褒めてあげます。
最初のうちはまての時間を短く、そして徐々にその時間をのばしてください。

この「まて」のしつけは人間にも辛抱が必要ですが、当然犬にも必要なものです。

焦らず、長い目でしつけをしてあげてくださいね。



このページの先頭へ